タンザナイトがない!これは大問題です!

いつもお世話になっております。
プレミアムストーンギャラリー心斎橋店店長の峰島です。

『タンザナイトがない!!』

もしや紛失したのか!!

と思われた方もいらっしゃるかもしれませんが、そうではありません。

タンザナイトのブレスレットをお客様よりリクエスト頂いていたのですが、リクエスト通りのお品がないんです。

どんなリクエストであったかは、お客様を特定してしまう可能性もありますので控えさせていただきますが、タンザナイトは主にタンザニアで採掘される石になり、もっとも綺麗なタンザナイトはインドに流れることが多いんです。

インドは宝石の流通が多いので、綺麗なタンザナイトが欲しければインドからと言われるほど、美しい原石がインドにはあるのです。

もう一方は中国です。

国内で多く出回っているタンザナイトは中国にあります。

ですが、最近中国にも綺麗なタンザナイトがないのです。

中国とインド。

このどちらもタンザニアから原石を買い付け、そして加工を行います。

ここで違いがでるのです。

原石自体の品質はインドが上。

加工の技術は中国が上。

こういった状況なんです。

そのため、中国加工のタンザナイトは、磨きは綺麗だけど品質がイマイチだなーと思われる一方。

インド加工は石は綺麗だけど、磨きが下手でデコボコしてるなー。

こんな印象を持たれると思います。

これは現在のざっくりとした印象であって、中国加工のタンザナイトが下のクオリティというわけではありませんので、間違わないでくださいね。

以前中国で発見したタンザナイトで、ものすごく綺麗なタンザナイトがありました。

私が言いたいのは、現在インドにあるような美しい原石が中国で加工をされ流通すること。

これがきっと完璧なタンザナイトを入手するいい方法なのではないかということです。

中国人の工場持ちのバイヤーの力は、想像を絶するほどすごいなーと感じます。

それぞれのバイヤーが得意とする石があるので、きっとタンザナイトを得意とするバイヤーも中国にいます。

なので、今のタイミングでは求める品質はありませんが、いつかそんな完璧なタンザナイトを手に入れられるようにいろいろリクエストしておこーかなと思います。

ちなみに写真のタンザナイトはインド加工なので、ビーズとしては完全な丸でないものも含まれていますが、タンザナイトとしての品質はトップクラスです。

画像ではなかなか伝わりませんが、透明度はかなり高いです!!

私は単純に綺麗な石がいいという考えなので、加工関係なく、石として綺麗なほうを選択する傾向にあります。

なので画像のインド加工タンザナイトはかなり好きです。

という個人的な感想もお伝えしつつ終わりにします。

でもでも、そうは言っても、磨きも品質も完璧!!

そんなタンザナイトが欲しーな。

ということで、より上を目指し頑張ります!!!

P.S 染色タンザナイトも出回ってますので、気になる方は調べてみてくださいね。