ダブルグリーンファントムが市場から無くなる!!

いつもお世話になっております。
Premium stone galleryの心斎橋店店長の峰島です。

昨年11月25日に再開しました心斎橋店は、まもなく再開より2ヶ月がたととしております。

これまで再開を待ち望んでいただいた方もいらっしゃれば、ここに石屋さんあったんだね!!!

とおっしゃられる方もいらっしゃいます。

これからもっともっと知っていただけるように頑張っていきたいと思いますのでよろしくお願い致します。

早速ですが、本日は見出しにもございますように、ダブルグリーンファントムについて書いていきたいと思います。

ダブルグリーンファントムって何??

ってことから、市場からなくなるって何??

ってところまで、いろいろ掘り下げて紹介していこうと思います。

今更ダブルグリーンファントムについて??

なんて思われるかもしれませんが、そこには重要な理由があるんです。

もしかしたら、もっと早くお知らせしておけばよかったと自分自身感じているほどです。

興味のある方は少し読み進めてみてくださいね。

ダブルグリーンファントムクォーツとは??

まずはダブルグリーンファントムを知らない方にお伝えしたいのが、ダブルグリーンファントムとは、グリーンファントムクォーツの山が通常一層になっているタイプがほとんどの中で、二層になっているものが発見され、そして市場に流通し始めたことで話題になった、とても珍しいタイプのグリーンファントムであるということです。

グリーンファントムについてはこちらをご覧ください

ダブルグリーンファントムクォーツの希少性

今まで様々なタイプのグリーンファントムクォーツを紹介して参りましたが、ここまで透明度が高く素晴らしいタイプ自体市場になかったのが正直な感想でした。

また、もし見つかっても、原石を持つ工場の加工が下手で欠けていたりするので、グリーンファントムは欠けが多いな感じていたほどです。

そんな中、2016年の8月頃の買い付けだと記憶しておりますが、ものすごく美しく、さらに山が二層(ダブル)になっているタイプが出回り始めたのです。

これには業界全体が湧いたような印象がありました。どこのお店も『奇跡の発見』などと謳いながら販売しておりましたね。

私もかなり多くのダブルグリーンファントムがあるのを確認できましたし、まだまだなくならないだろうと感じていたのですが……

ついにダブルグリーンファントムが市場から無くなる!!!

かなりの量のダブルグリーンファントムを見せて頂いた際の感想は、まだまだなくならないだろうな。

でしたが、同時にトップクオリティは少ないな。ということでした。

違いが微妙でわかりづらいのですが、ダブルグリーンファントムのトップクオリティの定義は、透明度は完璧(一点の曇りもないレベル)

さらに、山が全珠二層になっている。次が難しいのですが、山の色みがちょっと濃いんです。この濃さは比べないとわからないと言われるのですが、流行り始めた頃からダブルグリーンファントムを見続けている私にとって、若干の色みの変化も、いよいよ枯渇してきたなと感じる情報源の一つなんです。

そして、そんな基準をクリアするものがどんどんなくなってきたなー。と感じる一方、価格も高くなってきたな。と感じていました。

こんなにも早く無くなるものかと思われるかもしれませんが、あくまでも、トップクオリティのダブルグリーンファントムであり、綺麗なものに限定させてお話させていただいてます。

もちろん、段階を追って、全体的に数が少なくなることは目に見えてますが、プレミアムストーンギャラリー基準として、峰島基準として考えると、綺麗なタイプが無くなるということはとてつもなく恐ろしいことなんです。

原石がなければ、作ることができない。これは当然のお話なんですが、その原石の中で、トップクオリティのものはもう作れないと言われてしまった以上、いろいろな情報源を頼りに、自分の目で確認していくと、いよいよだなとなるわけです。

その最大の理由はこれです。

全珠ダブルファントムかどうか問題!?

ダブルグリーンファントムのトップクオリティが無くなってきたなと思う最大の要因は、全珠ダブルファントムになっていないことがほとんどだということに気づいたからです。

もしくは、全珠ダブルでも透明度が弱いものは、そもそもトップとして認定しませんので論外です。

そういった状況の中、もはやトップクオリティのダブルグリーンファントムを所有している国内業者は少ないのではないかと考えてます。

我々プレミアムストーンギャラリーもほとんどご成約いただいてますので、のこり数本となってます。

通常あれば追加で買い付けますが、昨年の7月と11月の買い付けで、トップを見つけることができなかったことを考えるといよいよだなと感じております。

それでも諦めず探していくのが、我々の使命ですので、最後の砦となるお店として頑張っていきます。

明日は世界一のグリーンファントムについてお話していこうかなと思います。

お楽しみに!!