11月誕生石ブルートパーズについて解説

ブルートパーズのブルーの多くは処理をして青くしたもの。その事実を皆さまご存知でしょうか?

多くの方が周知している事実ではありますので珍しい話ではないのですが、ブルートパーズを解説する上でとても大切なことですので始めにお伝えさせていただきます。もちろん原石において未処理のブルートパーズは存在します。しかし当店はビーズを主に取り扱っておりますので、ここではビーズにおいてというお話として解説させていただきたいと思います。

ブルーになる前の色はどんな色をしているのか?

ブルートパーズの品質の見極める基準はなんなのか、その辺りを解説していこうと思います。

ブルートパーズの品質基準

ブルートパーズのブルーの色みは、照射処理を施して色を発色させているのですが、ブルーになる前は白色、つまりホワイト。ホワイトトパーズに照射処理を行い青くさせているのです。

処理は当たり前のブルートパーズになりますが、その品質基準はとても奥が深いのです。高品質なブルートパーズになる為には、処理を行う前のホワイトトパーズの品質が大きく関係してくるのです。

ブルートパーズは照射処理にかけた時間によって、青みが濃くなり品質も高く評価されます。しかしながら、もともとのトパーズ(ホワイトトパーズ)の品質が高くなければ、いくら時間をかけても必ず濃くなるというものではないのです。

その為、全く青くならないものもあります。そんなトパーズがホワイトトパーズで流通しているのが現状です。

中国の市場などをみていると、ホワイトトパーズよりもブルートパーズのほうが多く目にします。ホワイトトパーズよりもブルートパーズのほうが人気が高く、その人気の高さから、現在ではホワイトトパーズはブルートパーズになる為の石というイメージもあるほどです。それだけブルートパーズの人気は高いんですね。

ブルートパーズになる為には、ホワイトトパーズの品質の高さが重要ということがご理解いただけたかと思いますが、どのホワイトトパーズが綺麗なブルートパーズになるかは、処理を行い時間をかけてみないとわからないのです。

ということは、いくらたくさんホワイトトパーズがあろうとも、いくら時間をかけて処理を行ったとしても、高品質なブルートパーズになるには一定の条件があり、その条件が非常に厳しく高いのです。

品質を見極める上で重要なのは2点。色みと透明度です。

ブルートパーズの透明度

ブルートパーズを見て行く上で、透明度が高いか低いかは品質を大きく分ける基準となります。クラックや不純物が入れば入るほど低品質になりますが、クラックや不純物がないもの見つけるほうが困難になります。透明感は最も重視したい部分です。

ブルートパーズの色み

ブルートパーズには、色みによりスカイブルートパーズ、スイスブルートパーズ、ロンドンブルートパーズなどと、色みにより名称が異なります。基本的には宝石で使われている用語になります。スカイブルー、スイスブルー、ロンドンブルーの順番で色に深みが増し濃くなります。3つの色みで分類されるブルートパーズですが、天然石ブレスレットにおいて、すべてのブルートパーズにこの3つの名称が当てはまるわけではありません。もともと宝石のブルートパーズにつけられた名称ですから、宝石の定義として外観が美しく、希少性がある。この2つを考えると全てのブルートパーズにつけられる名称ではないことがご理解いただけると思います。今回ご紹介しているブルートパーズは、外観が美しいことはもちろん。よくぞブレスレットとしてビーズに加工してくれたと賞賛を与えたいほど喜ばしいことと私は感じます。