7月誕生石ルビーを徹底解説

いつもお世話になっております。プレミアムストーンギャラリー心斎橋店店長の峰島です。

ルビーは7月の誕生石ということで、非常に人気の高い天然石の一つですよね。

7月が誕生日ではない方でも、赤色が好きとか、ルビーの意味が好きとか、石を選ぶ際のポイントは様々です。

そんなルビーについて、様々な側面から解説したいと思います。

ルビーの品質基準

プレミアムストーンギャラリーといえばプレミアムな品質の石の買い付けが非常に得意です。そんな我々が認めるルビーの最上級品とはどんなルビーなのでしょうか?

非常に興味深いと思います。

天然石に限らず、良いもの、良い品、最高級はどんなものなのかを知ることで目を肥やす。私が昔から意識している点です。それは天然石の買い付けを行う際も同じです。まずはいい質の石をたくさん見る。そしてそれがいくらで取引されているのかを知る。その基準を持って、その下の品質、さらにはその下の品質を見ていくことで全体像を把握するのです。ルビーも同じです。

ではルビーの品質基準をお伝え致します。

ルビーは色石と言われています。そのため、何と言っても色みは非常に重要です。コランダムグループの中でも赤いものをルビー、青いものをサファイアと呼びますが、わずかな色みの違いが価値を大きく分けるのです。

無色透明のコランダムの中に、微量のクロムを含み赤くなるものがルビーとなりますが、ピンク色、赤紫色にもなります。そんな時はピンクサファイア、パープルサファイアーと呼ばれ、ルビーと呼ばれないのです。ルビーとピンクサファイアの境界線というお話は様々な見解がありますが、品質基準というお話の中でルビーと評価される為には色みが非常に重要なのです。ピンク色でもなく、赤紫色でもない、赤。これはルビーの品質を見る上で最も重要な要素です。

そして、不純物の内包が有るのか無いのかも重要です。よく天然石のルビーを見ると黒い点のような内包物を見ることが多いのですが、これは品質を見る上でマイナス要素です。せっかく気に入った色のルビーを発見できても、黒い点が内包されていた際にはがっかりしてしまいます。厳密にいうと、内包物の無いルビーは無いというのが、宝石の専門家の方々の見解のようですので、可能な限り不純物がなく、ルビーの色みを損なわない、邪魔しない、目立たない、目視では確認しづらいルビーを見つけたいですね。

艶、傷

気に入った赤色の、ルビーと呼ぶに相応しいルビーを見つけ、さらには不純物も肉眼では確認出来ないルビーを見つけました。しかし、表面の艶が無かったり、傷だらけだったりすると、それもマイナス要因です。可能な限り艶があり、傷の無いルビーを見つける努力を致します。

ルビーとピンクサファイアの違い

ルビーとピンクサファイアの違いについては、時折ご質問をいただきますので回答も踏まえて解説させていただきます。お客様のご質問はこのような感じです。『ルビーって言われて購入したのに検査したらピンクサファイアと言われたの』『ピンクサファイアって?サファイアは青色だからサファイアじゃないの?』このようなご質問を頂きます。

まずは、ルビーは赤色、ピンクサファイアはピンク色、これが大前提なのですが、その赤とピンクの中間色のような色みも存在します。そこで大切なのが、ルビーとは赤色であるということなのです。ルビーは赤色、つまり赤色でないものは本来ルビーとは呼べない。これが真実です。しかしながら、宝石業界の位置づけの中で、サファイアよりもルビーのほうが各が上。つまりピンクサファイアと呼ぶのであれば、ルビーと言ったほうがいいだろうという誤った認識が発生してしまっているのです。これは原産国の時点からこのような認識で流通してしまっており、海外で買い付けた時点で、本来ピンクサファイア、パープルサファイアのはずが、ルビーとして流通してしまっているのです。

ルビーは赤色のコランダムに付けられた特別な称号です。そのため、赤色でないコランダムには、サファイアという称号が付けられるのです。

先ほどもお伝え致しました、ルビーは赤、ピンクサファイアはピンク、それぞれに良質な石はございます。選ぶ際には、色みを大切に、かつご自身が気に入るかどうかを大切されると良いかと思います。

ルビーの産地

ルビーの産地の代表的なエリアには、ミャンマー、スリランカ、インド、タイなどがあります。どのエリアでも美しいルビーは産出されるのですが、大量のルビーが供給されるエリアだからこそ、ルビーとは呼べない色みをしたものも大量に産出されます。考えればご理解いただけるかと思いますが、ルビーの供給がたくさんされるエリアの中で、低品質なルビーを上回るほどの高品質ルビーが産出されることは考えづらいのです。高品質と言われる価値ある質のルビーはそう多くはありません。だからこそ、高品質ルビーの価値が高まり、希少価値を生むのです。天然石ルビーにおいては産地よりも品質(見た目)を重視して選ばれると良いと私は考えます。

プレミアムルビー完成に至るまでに

我々プレミアムストーンギャラリーでは、プレミアム品質と言われる、最も高品質な石に与えられるプレミアム品質というものが存在します。特別ブレスレットに与えられる称号と現在はなっておりますが、プレミアム品質と呼ぶに相応しいルビーを完成に導く為、私は何度も何度も粒(ビーズ)を選別し、そしてより良い粒(ビーズ)が見つかった際には、組み直しを行い完成度を高めて参りました。プレミアムルビーをもっとプレミアムルビーにする為、日々良質なルビーを探しております。表示されているルビーブレスレットは、完成度を高め続けた、現在我々が保有しているプレミアムルビーブレスレットです。希少性が高く、良質な品質だからこそ、完成までに道のりは長く、リピートすることも簡単ではありません。良質なルビーをお探しの方は、是非一度プレミアムストーンギャラリーのルビーを見にいらしてみてください。ブログ見ましたと言っていただけたり、ルビーありますかなどとお声がけ頂けましたら嬉しいです。